加速スル世界ノ中デ。

   驟雨。

 

世界は、無慈悲に加速する。

前へ、前へ。
焦燥感と倦怠感を纏って、全てを置き去りにする。

ふと立ち止まり、空を見上げ、風を感じ、花を愛で、束の間の休息に浸るその一刻さえも、留まってはくれない。
世界が自分を待っていてくれることなんて、ナイ。
加速するこの世界の中で、立ち止まることは、相対的に後ずさりを意味する。
握った指の間をすり抜ける砂のように、どこかへこぼれ落ちていく。

 

世界は、無慈悲に加速する。

それでも、ふと立ち止まり、空を見上げ、風を感じ、花を愛でるその束の間には、特別なモノがある。
遅れるものを振り払い、行くあてのない猛進を続けるカイブツの背中にしがみついていては、とても見ることのできない素敵な景色が、きっとある。

強大な引力の奔流から、逸することでしか得られないセンセーションは、誰かの訪れを一日千秋の想いで待っているはず。

 

世界は無慈悲に加速する。

そうかもしれない。そうなのでしょう。
でも。
その世界は本当に自分が見たい「世界」ですか?
自分が感じていたい「世界」ですか?

見たい世界を見たい。
感じたい世界を感じたい。

そう思う時、ふと立ち止まって目を閉じ、束の間の休息を享受することも、また素敵な「セカイ」たり得るはず。

 

加速スル世界ノ中デ。

その「セカイ」の名を、私は「オラクル」と呼んでいる。

 

ニワカアメ

 

・・・一度こういうの書いてみたかったんです。(ボソッ


『Luina log』をご覧いただきありがとうございます。
「PSO2サポーターズリンク」などにも登録しているので、以下のリンクをクリックして投票していただけると嬉しいです♪

皆さんにご覧いただき、応援していただけることが、ブログ更新の一番のモチベーションになっています!
いつもありがとうございます(*´ڡ`●)    ルイナ


記事にコメントをする際は、メールアドレスを入力しなくてOKです!
コメントはどなたでも大歓迎ですっ♪
記事を読んでコメントをいただけると嬉しいです(*´ڡ`●)

 

2015年01月14日 | Posted in Story | タグ: , , , 8 Comments » 

コメント8件

  • ブレイズ より:

    そこにルイナという一人の若きアークスがいた。この物語(ブログ)は、ルイナの戦い(アンガ6スロユニット完成品の製作)とその仲間との交流(キャラクリや撮影、マイルーム改造←テロ被害?)を描くものである・・・。

    うん、おじさんにはどう書けばいいかわからないです。ルルさんや他の方々がうまくまとめてくれるはず!。

    • Luina より:

      ブレイズさん。
      なんだかすごく壮大な物語な気がしてきますww
      「仲間との交流」では、ブレイズさんがいつもテロプレゼントをしてくれるお陰で、はかどっていますー!(*´ω`*)
      「ルイナの戦い」。。。wこれの収束がエンディングだとすると、あれですね!この物語は「終わり無き物語」ですねっ!(白目

  • なゆっぺ より:

    見たときに「あれ?違うブログなのかな?」って確認しちゃったのだΣヽ(゚□゚○)ノ
    ちゃんとルイナちゃんのブログだった!

    詩とSSがすごく合ってるね( *´□`)v
    黄昏ルイナちゃんなのだぁ~!

    • Luina より:

      なゆっぺさん。
      なんだか急に中◯病を発動し(ry
      いつもと違う感じで書いてみたよーっ(*´ڡ`●)
      リアルで疲れたことがあっても、PSO2でフレンドさんとおしゃべりしたり、クエストに行ったりして楽しみましょー!。。みたいな感じ?w
      疲れてなくても楽しんでるけどねーww

      ありがとー!そう言ってもらえると嬉しいです♪
      すごく励みになるよー!(*´艸`*)

  • ゆき子 より:

    いい文章!締め方がかっこいいです!
    こういうのって個性がとても出て良いですよね。
    ちょいちょいやりましょう!(*´∀`)

    一瞬で終わってしまう”今”だからこそ大切にしていきたいですね。

    • Luina より:

      ゆき子さん。

      ありがとうございますーw
      なんだか今になってみると恥ずかしいですねー///(*ノェノ)
      でもたまーに、こういう感じの文章を書きたくなっちゃうんですw
      ゆき子さんも一緒にちょいちょいやりましょう!(*´ω`*)(ぇ

  • ルル より:

    今まで見向きさえもしなかった、セピア色の空。いつもの空。

    最近、それをふと見上げるようになった。

    そこには、どんなに崇高な絵画でもみられないような、美しい虹が架かっていた。

    それはそれは、大きく美しい虹だった。

    でも、私はそれが「虹」ではないことを知っている。

    「虹」は空に綺麗に咲くけれど、いつしか儚く消えてしまう。

    この七色の彩りは、ずっとずっと消えないことを、私は知っていた。

    だから私は、その彩りを「ルイナ」と呼んだ。

    • Luina より:

      ルルさん。
      すごい・・・!「ルイナ」は虹だったという新事実発覚ー!(ぇ
      楽しいことは、虹のように綺麗に咲くけれど、消えずにずっとそこにあってほしいよね。

      儚く消えるのは、メセタだけでもう十分だぁ(´Д⊂ヽウェェェン
      なんてww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。