ダブルセイバーを使いこなそう!

   両剣。

c%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e5%bd%b1

ヘアスタイル:アーデムヘアー
コスチューム:C・ヴェスティート影
アクセサリー1:コスモスヘアピン 桃
アクセサリー2:ヴェスティートコサージュ
アクセサリー3:ドロップイヤリング
アクセサリー4:リングネックレス

 

こんばんわ、ルイナです♪

 

今回の記事では、ダブルセイバーの使い方に関する内容について触れていきます。

 

ダブルセイバーに不慣れな方や使ったことがあまり無いけれど使ってみようかな?と考えている方、使っているけれど他の人はどんな使い方をしているのかな?など、ダブルセイバーに興味のある方々の参考になれたら嬉しいですd(○´∀`)b

 

。。。と言っても、私もすごく上手なプレイが出来るわけではないので、あくまでダブルセイバーが好きでよく使っている1プレイヤーの見解としてご覧いただけたらと思いますΣ(´∀`;)

 

それでは、少しずつ触れていきます!

 

%e3%83%80%e3%83%96%e3%82%bb

 

【かまいたち】

ダブルセイバーには、特有の武器アクションとして「かまいたち」を発生させることができます。

「かまいたち」は武器アクションの使用によるダブルセイバーギアの開放やリング「L/DSカマイタチ」を装備してPAを使用することで発生し、その火力は全体の火力の2割~4割にも相当します。

「かまいたち」の継続時間は4秒程度で、2つの「かまいたち」を重複発生させることができます。

従って、ダブルセイバーの戦闘では、常に「かまいたち」を発生させた状態でエネミーに密着して「かまいたち」を当てながら戦うことで、効果的にダメージを与えることができます

 

また、Fiスキル「Dセイバーウィンドパリング」を習得していると、ギアゲージが一本以上溜まっていれば、武器アクションによる「かまいたち」発生時にJG(ジャストガード)が可能となります。

ジャストガード判定を発生させるにはギアゲージが一本以上溜まっていることが条件となりますが、リング「L/DSカマイタチ」によりPA使用時にかまいたちを自動発生させることでギアゲージが飛躍的に溜まりやすくなりました。

これにより、とっさの武器アクション使用時にゲージが溜まっておらずJGに失敗する、ということが少なくなりますね!

 

ds%e3%82%ab%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%81

ちなみに、リング「L/DSかまいたち」は、+20ま強化することで「かまいたち」の発生確率が100%となります。

おすすめのリングですので、是非頑張って強化値+20にして装備をしてみてください!

 

%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3

 

【PA】

ダブルセイバーには、ソードやカタナなどのような優秀なJG機能はありません。

その代わり、エネミーの攻撃をガードする手段として、前述したFiスキル「Dセイバーウィンドパリング」の他に、JGが発生するPAがあります

 

・アクロエフェクト(攻撃時にキャラの前方にガードポイントが発生)

・デッドリーサークル零式(攻撃時にキャラの全方位にガードポイントが発生)

 

これら2つのPAを状況に応じて上手に活用していくことがポイントとなりますね!

 

参考までに、私がどんな状況でどんなPAを主に使っているのかを載せておきますd(○´∀`)b

 

 

 

<マルチエリア>

例1)トルネードダンス零式→イリュージョンレイヴ→デッドリーサークル零式

 

%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%b3

 

マルチエリアでは、やや遠くに沢山の小型・中型エネミーが出現することが多く、近接クラスはそれらのエネミーに接近して攻撃をする必要があります。

ダブルセイバーでは、接敵するための突進系PAとして「トルネードダンス零式」があります。

「トルネードダンス零式」は、チャージすることで高速かつ長距離を瞬時に移動できますので、このPAを利用して接敵します。

 

これで討伐しきれなかった近くにいるエネミーに対して「イリュージョンレイヴ」で高威力のダメージを与えます

「イリュージョンレイヴ」は約3秒間に計15ヒットの攻撃を行う連撃系のPAですが、1~14ヒット目までは各ヒットとも威力低く、最後の15ヒット目が高威力です。

このため、15ヒット目をしっかり当てることが重要となりますが、サブクラスをHuとしている場合、Huスキル「マッシブハンター」を使用しているとモーション途中のノックバックでPAがキャンセルされることなく、しっかり最後までPAを当てやすくなります。

 

その後、自分の周囲を比較的広範囲に攻撃できるPA「デッドリーサークル零式」で、周囲の多くのエネミーを討伐します。

また「デッドリーサークル零式」は、前述のとおり、攻撃時にキャラの全方位にガードポイントが発生しますので、乱戦時にも有効活用できます!

 

%e3%83%87%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e9%9b%b6

 

マルチエリアでは、この他のPA組み合わせとして以下のようなものも使用しています。

 

例2)サプライズダンク→ケイオスライザー

 

例1)例2)ともに、やや遠くに多くのエネミーが湧いた時に効果的なPAの組み合わせかと思います。

 

 

 

<ボスなど>

例3)アクロエフェクト

 

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%83%ad

 

ボスなどの攻撃力の高い少数のエネミーを相手にする際は、攻撃モーションにガードポイントのあるPA「アクロエフェクト」を使用すると戦いやすくなります
「アクロエフェクト」の攻撃範囲は広くないものの、DPS(ダメージ効率)やDPP(PP効率)に優れ、ガードポイントにより相手の攻撃を防ぎながらダメージを与えていく攻防一体型の戦闘が可能です。

 

サブクラスがHuの場合は、Huスキル「ヒーリングガード」を習得していると、ガードポイントによるJGが成功した際にHPを回復してくれるので、より安心して戦うことができます。

 

Fiスキル「Dセイバーウィンドパリング」を習得し、「アクロエフェクト」→「武器アクション(かまいたち)」→「アクロエフェクト」・・・と交互に使用すると、更にJGがしやすくなります。
 

 

 

例4)シザーエッジ→フェイクキャプチャ→シザーエッジ・・・
 
ボスエネミーのダウン時など、エネミーが隙を見せた際に一気に高ダメージを与えることができます。
「シザーエッジ」、「フェイクキャプチャ」ともに攻撃モーションが短く、狭範囲高威力のPAです。
また「フェイクキャプチャ」は消費PP15と、燃費の良さも◎。
※「フェイクキャプチャ」は小型エネミーをホールドしてしまう性質があるため、マルチクエストでの使用には少し注意が必要です。

 

これら2つのPAを交互に連続して使用することで、エネミーに短時間で多くのダメージを与えることができます。

 

Fiスキル「テックアーツJAボーナス」を習得していれば、より威力の増加が見込めますし、「テックアーツJAPPセイブ」を習得していれば、より消費PPを抑えることができます。

 

リング「L/DSカマイタチ」を装備していれば、これらPAの使用で発生する「かまいたち」によるダメージも同時に与えられるので、より総合火力が増加します。

 

 

 

【まとめ】
①ダブルセイバーによるJGの方法は、基本的には以下の3種類。

・「かまいたち」を発生させた瞬間(Fiスキル「Dセイバーウィンドパリング」習得時)
・アクロエフェクトによるJG
・デッドリーサークル零式によるJG
 

②リング「L/DSカマイタチ」を強化値+20として装備することがオススメ!
 

③マルチエリアとボスとでPAを使い分ける。

 

 

今回、私がよく使うPAなどの一部をご紹介させていただきましたが、実際には状況に応じて他のPAも使用することがあります。
 

クエストで色々と試行錯誤しながら試すことで、自分なりの使い方がきっと見えてくると思いますd(○´∀`)b
 

この記事が、ダブルセイバーについてお悩みの方の参考になれたら幸いです!
 

みなさんの素敵な”ダブセライフ”を願っています(๑´ڡ`๑)

 

%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%8801

 

それでは今回はこの辺で!
次回の記事や過去の記事もまた、ご覧いただけたら嬉しいです♪


『Luina log』をご覧いただきありがとうございます。
「PSO2サポーターズリンク」に登録しているので、以下のリンクをクリックして投票していただけると嬉しいです♪

皆さんにご覧いただき、応援していただけることが、ブログ更新の一番のモチベーションになっています!
いつもありがとうございます(*´ڡ`●)    ルイナ


記事にコメントをする際は、メールアドレスを入力しなくてOKです!
コメントはどなたでも大歓迎ですっ♪
記事を読んでコメントをいただけると嬉しいです(๑´ڡ`๑)

 

2016-10-28 | Posted in 武器の使い方8 Comments » 

コメント8件

 シエル | 2016.10.28 21:26

更新おつかれ様です。

ガンスラッシュに続き、武器講座の第2弾ですね!
こういった解説・参考記事は、それまで使ったことが無いよ~という方には嬉しいですね♪
かくいう私も以前にダブルセイバーの立ち回りについてお聞きして、両剣の虜になった1アークスですよ(^v^)

 ルイナ | 2016.10.28 22:16

シエルさん。

コメントありがとうございますd(○´∀`)b

はぃ♪今回はダブルセイバーについて書いてみました!
普段何気なくプレイしていることを読者の方にわかりやすく伝えるのはなかなか難しいですね(;´∀`)
上手く伝わっていれば良いのだけれど。。。w

そうなんですね!
そういっていただけてとても嬉しいです♪今度一緒にダブセでクエストにいきましょう~(人´∀`).☆.。.:*・゚

 レイ | 2016.10.29 21:32

自分はFiのレベル上げするときによくダブルセイバーを使ってますが扱いやすくて好きです。
ただどんなPAがいいとか動きとかよくわからなかったのでとても参考になりました!
Fiも好きなクラスなのでこれを機に練習してみようと思います!ありがとうございました

 ルイナ | 2016.11.01 20:53

レイさん。

コメントありがとうございますd(○´∀`)b
また、お返事が遅くなってしまってすみません><

ダブルセイバーは素直なPAとややクセのあるPAがありますが、両者を上手く活用して戦うのは楽しいですよね!
この記事がレイさんの参考になれて、とても嬉しいです♪
私もFiは大好きなクラスなので、これからも練習をしてもっと上手になれたらと思っています!

またご覧いただけたらうれしいです(*´ڡ`●)

 びちゃさん | 2016.11.01 20:26

ダブセのコンボの書き方を見ると2ボタンの設定でやっているのかな?

ダブセは2ボタンの方がやりやすいと思うけど他の武器は3ボタンの方が武器チェンジの回数が減っていいので3ボタンでやってます。
運営にはマイセットで2ボタンと3ボタンの設定を変えられるように要望は出してえおいたがどうなるかな?
今は3ボタンで慣れてきたのでどうでもいいかもw

俺もここで3ボタンでの戦い方を書いたろうかなw

表パネルセットしているアクロエフェクトとデッドリーサークル零式をメインに戦っています。
そして裏パネルはトルネードダンス零式で移動し近づいてランブリングムーンで攻撃をするパターン。

次の武器にセットしている表パネルはイリュージョンレイヴと武器アクションで、イリュージョンレイヴで攻撃をして武器アクションでガードをするという戦い方をしています(ガードは練習中)
裏パネルはサプライズダンクとケイオスライザーで戦い方はルイナと変わらないかなw
後やるのはサプライズダンクをしてケイオスライザーでエネミーを集めてイリュージョンレイヴで集めてエネミーを攻撃をしてケイオスライザーでまた攻撃をする。
ボス戦ではイリュージョンレイヴでダメージを与えて最後にケイオスライザーで攻撃。

まぁこんな感じでやってますw
長くなりましたが今度はルイナの戦い方を見て参考にさせてもらいましょうかなw

 ルイナ | 2016.11.01 20:56

びちゃさんさん。

わぉ!
ご丁寧に色々とありがとうございます♪
びちゃさんさんのダブセの使い方、参考にさせていただきますねd(○´∀`)b

あと。。。
わかりにくくてすみませんw
私は現在3ボタン方式でプレイしていますΣ(´∀`;)
記事のPAコンボの記述から2ボタンと思われたのだと思いますが、3ボタン方式のパレットに該当のPAを組み込んで、記事に記述したようなコンボを使用している、ということですw

びちゃさんさんと同じように、イリュージョンレイヴは私も良く使うPAです!
強いし、なにより連撃が決まると気持ち良いですよね~(人´∀`).☆.。.:*・゚
ケイオスライザーも便利なPAですね!

この記事が参考になれたら幸いです♪

 しっど | 2016.11.02 9:52

はじめた初期のころはFiHuでナックルやダブセをよく使っていて、今の環境下でダブセの立ち回りが変わってると思ったので、凄くわかりやすい記事でうれしいです♪
新リングが追加されるとのことなので、それにあわせてFiをもう一度やってみようと思います^^

 ルイナ | 2016.11.04 21:58

しっどさん。

そうだったんですね。。。!
私はFiではツインダガーとダブセをよく使っていますd(○´∀`)b
ナックルはあまり慣れていないんですΣ(´∀`;)楽しいんですけれども~w
しっどさんに参考にしていただけて嬉しいです♪是非お試しください!

Comment





Comment